ようこそ、長崎県立長崎南高等学校 関西同窓会のホームページへ

イベント_2019

イベント_2019

第37回 皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会(1/13)

  • 新年あけて、1月13日(日)に皇后盃全国都道府県女子駅伝が行われた。
    暖冬の予報通り、西京極競技場は太陽が顔を出し穏やかな天気。
    昨年3位入賞に湧いたことも有って、応援スタンドは「長崎ガンバレ!」の
    声援がものすごい。隣の熊本県、鹿児島県を終始圧倒する。
    12時30分、スタートラインの第1列中央に”青のキャップ”がトレードマーク
    になった長崎商業3年生の廣中さんが実業団メンバーに挟まれてスタート。
    皆さんもTVで見られた通り、中継所前で高知の鍋島さんに競り勝ち2秒差で
    区間記録を取りタスキ渡し。彼女は”優秀選手”に選出され高校生のホープ。
    2区以降は残念だが、他県の選手層にやられてしまった。
    6区では去年南高卒で現在東京農大1年の柴原さんが力走するも
    一つ順位を落としてのタスキ渡しとなり、非常に悔しがっていた。
    最終9区は去年のアジア大会マラソンで銀メダルを獲得した十八銀行の
    野上さんが追い抜きをかけて力走するも順位を上げるところまでは
    いかなかった。しかし区間5位の走りは流石だった。
    本人はMGCに焦点を当てていて個人の本当の戦いはこれからで、
    9月に向けて調整に入るとのこと。
    いずれの選手も1人でも抜いて順位を上げたい強い気持ちで走っていて
    だから観客の我々も、その力走に惜しみない拍手を送れるのである。
    長崎県チームの今年の合言葉は「成走」平成最後の年をみんなで
    走り抜けようとの強い想いで頑張ってくれました。
    夕方行われた「選手団慰労会」で、藤永監督からは「悔しい!来年は
    再起をかけて挑みたい」と強い意思表示がありました。
    コーチを務める時津中教員の北村さんは南高26回生とか。がんばれー。

画像の説明
長崎県応援団

画像の説明
中央青いキャップが廣中さん

画像の説明
挨拶する藤永監督、前列左から1区廣中さん~9区野上さん

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional